docomo/サムスン/Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L の査定金額

K0001156803 端末名 Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L
メーカー サムスン
キャリア docomo
買取価格上限 94,000円

※表示金額は新品未使用品フルセットの金額となります。

備考 ※SIMロック解除○判定の金額
※未解除○判定:-10,000円
※未解除△判定:-30,000円
※SIMロック解除・△判定は応相談となります。

下記項目を選び自動査定をする

端末の詳細をお選び下さい。

端末の状態
付属

保証書:     
箱:       
説明書:     
その他の付属品: 

※【ありの場合】付属品の使用状態(汚れ具合等)により、金額に変動がある場合がございます。
※【なしの場合】付属品の内容(アイテム数等)により、金額に変動がある場合がございます。

万が一、他店の買取価格のほうが高い場合は
お電話もしくはお問い合わせフォームよりご相談ください。

製品説明 「Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L」は、6月1日に発売された「Galaxy S10+ SC-04L」をベースに、東京オリンピックのロゴマークが入ったオリジナルの背面デザインやオリジナル壁紙が内蔵されるデザインコラボモデル。ワイヤレスイヤホン「Galaxy Budz」も同梱され、限定1万台の特別モデルとして、7月下旬から発売予定。現在予約を受け付けている。

ボディは、auで取り扱いのあるカラーバリエーション「プリズムホワイト」をベースに、背面に東京オリンピックのロゴマークが入っている。オリジナルの壁紙は1種類のみで、ライブ壁紙ではない普通の壁紙だ。総じてデザインコラボモデルとしては抑え目の内容と言える。なお、開発途中版のため、製品版ではコンテンツは変更になる可能性がある。
ハードウェアの基本的な部分はベースモデルのGalaxy S10+と全く同じ。ボディは、サイズが約74×(幅)×158(高さ)×7.8(厚さ)mmで、重量は約175g。3,040×1,440のWQHD+表示に対応する約6.4インチの有機ELディスプレイを備える。なお、ボディは、IPX5/IPX8等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様をクリアしている。
SoCは、最新世代に属するクアルコムのハイエンド向け「Snapdragon 855」に、8GBのRAMと128GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。OSはAndroid 9。今回使用した「Galaxy S10+ (Olympic Games Edition)」は試作機なので、ベンチマークテストは行っていないが、その代わりとして「Galaxy S10+」を使ったベンチマークアプリ「AnTuTuベンチマーク」のスコアを参考として掲載する。総合スコアは、359,876(内訳、CPU:116,960、GPU:157,239、UX:73,449、MEM:12,228)で、現状では最速クラスの性能を備えているスマートフォンのひとつだ。
体感速度はさすがに速い。昨年モデル「Galaxy S9+」と比較しても、アプリの起動や画面スクロールなどで処理性能の差を感じる。グラフィック性能が高いのでゲームアプリも快適に動作していた。

カメラの機能も「Galaxy S10+」と同じ。メインカメラは、広角(約1,200万画素)、超広角(約1,600万画素)、望遠(約1,200万画素)の組み合わせのトリプルカメラだ。いっぽうのフロントカメラは、約1,000万画素の広角カメラと、約800万画素の被写界深度計測カメラを組み合わせたダブルレンズカメラとなっている。

メインカメラは、広角カメラから望遠カメラまでは2倍、超広角カメラから望遠カメラまでなら4倍の光学ズームが可能だ。また、10倍のハイブリッドズーム撮影(広角から望遠カメラの倍率)が行える。