SoftBank/シャープ/AQUOS Xx2 mini 503SH の査定金額

503SH 端末名 AQUOS Xx2 mini 503SH
メーカー シャープ
キャリア SoftBank
買取価格上限 14,000円

※表示金額は新品未使用品フルセットの金額となります。

備考 ネットワーク利用制限『○』判定の価格となります。
※ネットワーク利用制限『△』判定は3,000円減額となります。

下記項目を選び自動査定をする

端末の詳細をお選び下さい。

カラー
端末の状態
付属

保証書:     
箱:       
説明書:     
その他の付属品: 

※【ありの場合】付属品の使用状態(汚れ具合等)により、金額に変動がある場合がございます。
※【なしの場合】付属品の内容(アイテム数等)により、金額に変動がある場合がございます。

万が一、他店の買取価格のほうが高い場合は
お電話もしくはお問い合わせフォームよりご相談ください。

製品説明  シャープ製のAndroid 5.1搭載スマートフォンである「AQUOS Xx2 mini」は、4.7インチディスプレイを採用した、ソフトバンクの新機種。同時期に発表された「AQUOS Xx2」とほぼ同じ機能をサポートしつつ、コンパクトにまとめた。2016年1月中旬に発売される予定。

 「AQUOS Xx2」と同じく、120Hz駆動のハイスピードIGZOディスプレイを採用。縦長のWebサイトをスクロールしていても文字が読みやすいなど。動きの速い場面などで威力を発揮する。ただし、常時120Hz駆動にしてしまうとバッテリーの消費が激しくなってしまうため、アプリによって駆動速度を切り替える制御を行っている。具体的には、Chromeなどのブラウザは120Hz駆動にしつつ、その他の動きの少ないアプリでは60Hz駆動に速度を落としている。

 プリインストールアプリだけでなく、LINEなど、ユーザーの利用が多いアプリは、デフォルトで120Hz駆動になるような仕掛けが入れられているようだ。また、高速表示については、ユーザーが任意のアプリを設定することも可能。設定メニューのアプリ一覧で、チオン・オフの切り替えが可能になっている。

 4.7インチとコンパクトサイズの端末だが、ディスプレイの解像度は1080×1920ドットのフルHDを採用。フラッグシップモデルのAQUOS Xx2よりも、ピクセル密度は高くなっている。

 13.1メガピクセルのメインカメラは、リコーの「GR Certified」を得ており、画面のふちまでゆがみなく撮影できる。Xx2でサポートされているハイブリッドAFには非対応だが、光学式手ブレ補正はサポートする。動画撮影では210fps撮影や、フルワイドVGAサイズでの2100fpsスーパースロー撮影をサポートする。

 端末下部にはイルミネーションが内蔵されており、「ヒカリエモーション」と呼ばれる。着信やエモパーと連動させることができるのが特徴だ。指紋センサーは非搭載。側面のセンサーで、持ち上げれば画面が点灯する「グリップマジック」が利用できる。

 スペック的はAQUOS Xxに近く、外観のイメージもされているAQUOS Xx2 miniだが、素材はサイズに合わせて変更されている。背面パネルについてはアクリル製で、ガラスを採用しているAQUOS Xx2よりも軽くなっている。側面も金属ではなく、蒸着塗装を採用しているという。仕様面では、ストレージが16GBなのも、AQUOS Xx2との違い。ミッドレンジまではいかないが、フラッグシップよりはとこどろこでグレードを落としたハイエンドの商品といった位置づけとなる。